オリンピックへの道BACK NUMBER

怪我で棄権の勧めを断った宇野昌磨。
「僕の生き方です」と言い放ち、優勝。

posted2018/12/27 16:30

 
怪我で棄権の勧めを断った宇野昌磨。「僕の生き方です」と言い放ち、優勝。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

フリーの最後、思わず出たガッツポーズ。全日本フィギュアは、自分を信じ切れてなかった己との戦いでもあった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 ショートプログラムが終わるやいなや激しく右腕を振り下ろし、フリーではガッツポーズで感情を表した。

 宇野昌磨にとっての2018年の全日本フィギュアスケート選手権は、思わぬアクシデントに見舞われ、その中で勝利をつかみ、そしてその逆境から糧を得る大会となった。

 異変が起こったのは、ショートプログラムの6分間練習でのことだった。

 アクセルジャンプが抜けて着氷後、両膝に手を数秒間、置いた。その後はジャンプを跳ばず、リンクを回り続けた。

 いつもと比べれば、あまりにも異なる姿だった。

 練習時間が終わると、1番滑走の宇野はリンクサイドの樋口美穂子、山田満知子コーチのもとに寄り、へりを激しく叩いた。

怪我のことは一切秘密にしていた宇野。

 だが本番で曲が始まると、今シーズンでも最上とも言えるほどの演技を見せた。

 ジャンプをすべて完璧に跳んだのはむろんのこと、『天国への階段』の曲調も完璧に捉えて世界に引き込む。終わったあとの表情は、いつにも増して精悍さを感じさせる。

 得点は国際スケート連盟非公認ながら、今季4大会ぶりに100点を超えた。

「やってやったぞ、という思いがありました」

 本人は、終了直後の心境をこう表した。

 ただ、この時点では、足の状態を記者に問われても、一切答えることはなかった。

 全日本選手権はフリーとの間に1日空く。空き日、公式練習に姿を見せなかった宇野は、そのままフリーに臨んだ。

【次ページ】 急遽病院でMRI検査を受け……。

1 2 3 4 NEXT
宇野昌磨
樋口美穂子
山田満知子

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ