オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔、不変の魅力とスケート愛。
全日本選手権2位の「先」へ向かって。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/25 12:30

高橋大輔、不変の魅力とスケート愛。全日本選手権2位の「先」へ向かって。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

かつてと変わらぬ芸術性の高さを見せつけた高橋大輔。全日本2位という成績は、ビッグニュースとして世界中で報道された。

このフリーはきっと名プログラムになる。

「復帰も遅かったし、練習(の開始)もぎりぎりだったし」

 高橋はここまでの過程を振り返る。

 長いブランクのあと、短期間にあって、ときに怪我もありながら、でも周囲が目を見張るほど向上した足取りとそこにある努力には、ただ敬意しかない。

 そして復帰してからの3大会で見せたのは、変わることのない、他に類のないスケーターとしての特質と魅力だった。足りなかった準備に、今度は十分に取り組むこともできる。

 これからも続くであろう道で、どのような演技を見せるか。その歩みは、まだ止まることはない。

 そういえば、まだ本人も心から納得した演技ができていない、フリー『Pale Green Ghosts』の完成形もまだ披露していない。すでに片鱗は見せているが、きっと、名プログラムに数えられる作品にできるはずだ。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
高橋大輔
宇野昌磨
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ