オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔、不変の魅力とスケート愛。
全日本選手権2位の「先」へ向かって。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/25 12:30

高橋大輔、不変の魅力とスケート愛。全日本選手権2位の「先」へ向かって。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

かつてと変わらぬ芸術性の高さを見せつけた高橋大輔。全日本2位という成績は、ビッグニュースとして世界中で報道された。

「まだ引退しないとは決めています」

 一度引退したあと、外からフィギュアスケートを観て、取材する立場で選手たちと接する機会も持った。その時間で培われたフィギュアスケート、そして選手たちへの思いもそこには込められていただろう。

 思えば、7月の復帰会見時にも世界選手権に関する質問に、「自分が若い選手の出る機会をとっていいのか」と懸念を示していた。一貫する思いもあった。

 今シーズンは、今のところ試合に出る予定はないと言う。

 ただし。

「まだ引退しないとは決めています」

 きっぱりと語った。

「ふがいない演技だったな、と」

「今日の演技がすごく悔しかったですし、もうちょっとできるはずだという自分が出てきている。すっきり終わりたいですから」

 フリーは、練習ではできていたことができなかった。

「ふがいない演技だったな、と」感じた。

 だから、表彰台に上がったことも喜べなかった。

「こういう出来で、この場にいたくないというか、自分のすっきりした演技でいたいなと思いました」

 このままでは終われない、そんな思いが後押しとなる。

 いや、それは1要素に過ぎない。復帰表明後、「こんなこともできる、あれもできるんじゃないかと」、そんな喜びと明るさとともに進んできた。2度目の競技生活の中に、新たな発見があった。もっと行ける、もっと楽しみたい。

 そんな思いがある。

【次ページ】 このフリーはきっと名プログラムになる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
高橋大輔
宇野昌磨
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ