JリーグPRESSBACK NUMBER

柏J2降格も中山雄太の才は必見だ。
CBもできて、点を取れるボランチ。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/12/06 08:00

柏J2降格も中山雄太の才は必見だ。CBもできて、点を取れるボランチ。<Number Web> photograph by Getty Images

東京五輪世代の有望株である中山雄太。その左足の精度と冷静なプレーぶりは「プロ」を感じさせる。

「ぼくは元々、中盤の選手」

 こういう試合の中で、中山は異彩を放っている。しっかりと周りの状況を見定めてプレッシャーをかわして左右へ展開、もしくは目の前の敵を外して、前線に攻め上がる。せわしない試合の中で落ち着いているから、とてもスタイリッシュに見えるのだ。

 彼のようにプレッシャーを逆手に取る選手が増えれば、Jリーグももっと面白くなるだろう。

 最終節の試合後、中山はこんなふうに話していた。

「ぼくは元々、中盤の選手だという自覚があって、練習でCBをやっているときも、自分が中盤にいたらと意識して取り組んでいました。それがいま、上手く整理されてきた手応えがある。

 ゴールシーンは、敵を抜き去ってからはシュートだけを考えましたが、相手はぼくが直接狙ってくるとは考えなかったかもしれない。ボールの持ち方を工夫して、クロスを意識させたのがよかったかも。ぼくは点を取れるボランチを意識していますが、いつもたくさんの選択肢を持ち、その中からベストの選択をすることを心がけています」

 柏に留まれば、来季はJ2でプレーすることになる。

 だが、「点を取れるボランチ」を目指す中山を見られるなら、日立台に通う価値もありそうだ。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中山雄太
柏レイソル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ