“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

梅崎司が古巣浦和に見せたキレ味。
湘南J1残留へ、ゴールあるのみ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/12/01 07:00

梅崎司が古巣浦和に見せたキレ味。湘南J1残留へ、ゴールあるのみ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

森脇良太を手玉に取った浦和戦でのゴール。梅崎司は今、ベルマーレで最も頼れる男だ。

「引き分けを狙いにいかない」

 現時点で名古屋より順位が上の湘南としては、ドローでもいい計算だ。しかし、そもそも湘南はそんな“皮算用”をするチームではない。

「名古屋戦はもう勝つしかない。僕らは引き分けを狙いにいくチームじゃないし、そういう戦い方をしたら、いいことはない。最終戦でいかに自分たちが積み上げてきたものを表現できるか。イコール、相手の良さを潰す。名古屋は攻撃力のあるチームなので、押し込まれる展開になると思うけど、どれだけ劣勢の中でも(攻撃を)狙って、結果を出せるか。

 僕の仕事はゴールを演出すること。アウェイとか関係ない。今のベルマーレは純粋に良いチームになっているし、このチームはJ2に居るべきじゃないと思っている。だからこそ、勝ちたい。もう今考えていることはシンプルに勝ちたい。それだけです」

 梅崎司が感傷に浸るのは、この試合で勝利し、J1残留を確実に手にした時のみ。

 その時まで彼はエースとしてチームを勝利に導くこと以外、一切考えていない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
湘南ベルマーレ
梅崎司
浦和レッズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ