野球善哉BACK NUMBER

5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。
侍ジャパンの松井、森、上林世代。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/11/28 11:30

5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。侍ジャパンの松井、森、上林世代。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

侍ジャパンでも強烈な存在感を発揮する森友哉。5年前の記憶は今も彼に宿っている。

森「同級生ならではの感覚・感情」

 いま、代表入りを果たしてどんな気持ちでいるのか。

「代表に入れる選手になりたいとは思っていたので、早い段階でそれが実現できていることは嬉しいですね。松井や森など同い年っていうのは当然意識しますし、だから一緒に選ばれて嬉しいです。ただあの2人は高校の時からずば抜けていて、今でも同じ学年では2人とも抜けていると思うので、早く追い抜きたい気持ちはあります。昔みたいな見返してやるとか言う気持ちは、今はないですけどね」

 この日米野球では3人ともにそれぞれ存在感を見せた。

 森は「東京五輪を意識している余裕は今の僕にはない」と、捕手としての山積する課題を口にする一方、代表に入って感じたこともあると語る。

「侍ジャパンとして同じチームでやっている以上、彼らの活躍が嬉しいと思います。その反面、自分ももっと頑張らなあかんなって思わせてくれるのはありますよ。それが同級生ならではの感覚・感情っていうか……。同級生だからこそ生まれるものがあります」

山岡や田口など同世代はまだまだいる。

 この3人と今回代表入りした高橋礼の他にも、同世代はまだたくさんいる。当時のU18代表メンバーでは、山岡泰輔(オリックス)、田口麗斗(巨人)がそうだし、先ほどあげた熊谷、今季おもに二塁手として60試合に出場した渡邉諒(日本ハム)、プロ入り初の2桁本塁打を記録した内田靖人(楽天)、チーム最年少の選手会長に就任した若月健矢(オリックス)。1学年下でメンバー入りしていた選手では高橋光成(西武)、安楽智大(楽天)などもいる。

 来年はプレミア12があるが、これから五輪の本番までに、あの時日の丸を背負って「東京五輪開催」を知ったメンバーが何人代表入りしてくるのか、注目していきたい。

「普段はいいライバルで、代表入りしたら心強い存在」

 松井と森は同じ言葉を口にしている。

 野球界の“東京五輪世代”、彼らにちょっとした期待を寄せている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松井裕樹
森友哉
上林誠知
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ