野球善哉BACK NUMBER

5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。
侍ジャパンの松井、森、上林世代。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/11/28 11:30

5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。侍ジャパンの松井、森、上林世代。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

侍ジャパンでも強烈な存在感を発揮する森友哉。5年前の記憶は今も彼に宿っている。

侍ジャパンに入った3人の選手。

 先日まで開催されていた日米野球の侍ジャパンのメンバーに、西谷監督が率いたU18日本代表メンバーだった選手が3人いる。楽天の松井裕樹、西武の森友哉、ソフトバンクの上林誠知だ。

 プロでのデビューの仕方は異なっているが、それぞれが今やチームの中心となり、日本を代表する選手の1人として侍ジャパン入りを果たしている。

 すでにWBCにも出場している1番の出世頭・松井裕樹はこう話す。

「うっすら覚えていますよ。U18代表にいた時に、五輪決定の垂れ幕とかを見た記憶があります。西谷監督には、東京五輪に出るようにっていう話をしてもらったと思います。でも当時は、東京五輪出場のイメージを描けたかっていうと、そこまではできていなかったですね。プロの世界にまだいなかったですから。今こうやって代表に入るようになって、少しずつ東京五輪への思いは強くなってきた感じです」

 そんな彼らにとって、当時のメンバーや球界にいる同学年の存在はやはり気になるという。

 松井は続ける。

「森や上林は同じリーグですし、同級生は意識はしますよ。今回の代表では(高橋)礼も同い年ですね。同級生が活躍しているのを聞いたり対戦すると刺激になりますし、モチベーションは上がります。対戦するときは打たれたくないし、味方になったら頼もしいですし。日本の野球界では田中さん(将大、ヤンキース)の世代は実力が接近していると言われますけど、僕らもお互いが高め合っていければなと思います」

森が驚いたアメリカの意外な部分。

 2013年のU18W杯では、日本代表は決勝戦でアメリカに敗れて準優勝に終わった。

 その試合後、ベンチで人目をはばからずに大粒の涙を流していたのが2年連続でU18W杯に出場した森だった。

 日米野球では純粋な「アメリカ代表」との対決ではなかったものの、アメリカでプレーする選手たちとの対決に感じることはあったに違いない。

「パワーは圧倒的なものがあると思いますね。体つきも違いますので、飛ばすことに関しては日本人では勝てない感じはします。ただ今回の代表に入って思うのは、長打もあるんですけど、しっかりコンタクトしてヒットを打つとか、全てがパワー任せではないところがすごいなと思います」

【次ページ】 森「いろんな餌まきが必要」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松井裕樹
森友哉
上林誠知
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ