JリーグPRESSBACK NUMBER

俊足、華麗でなくてもJ2で250試合。
岐阜・田森大己を支える大木イズム。 

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/11/24 10:00

俊足、華麗でなくてもJ2で250試合。岐阜・田森大己を支える大木イズム。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

甲府に始まり岐阜で到達した250試合出場。田森大己のような存在がいるから、J2は滋味にあふれる。

35歳でJリーガーという矜持。

 その大木監督のもと、250試合目を左サイドバックで迎えたのも、また何かの巡り合わせか。“地味”かもしれないが、一度身に付けた技術が確かだからこそ、簡単には錆びつかない。

 プロ13年目のシーズンを終えた35歳。かつての怒られ役は、ベテランと呼ばれる年齢になった。

「35歳ですか。自分がプロに入ったとき、甲府で一番年上だった林健太郎さん(現ヴィッセル神戸アシスタントコーチ)が、たしか33歳でしたからね。それを越しちゃったのは、なんだか不思議な感じですね」

 まるで実感が伴っていない様子のなか、毎シーズン着実に試合に絡み、ここまでJリーガーでいることのできた理由を、振り返ってもらった。

「もともとエリートじゃなかったんで、余計なプライドがなかった。だから試合に出られないからといって、変に落ち込んだり腐ったりしているヒマがなかった。ずっとやらなきゃいけない立場だったから。試合に出られないなら、練習しないといけないって、最初から理解していたからじゃないですかね。ずっと雑草でやってきたんで」

 雑草という名の植物はない。すべての植物には名前がある――。そんな一節をあらためて思い出した。人知れずひっそりと。雑草にだって、花は咲く。

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC岐阜
田森大己
大木武

Jリーグの前後のコラム

ページトップ