SCORE CARDBACK NUMBER

悲願のアジア制覇で20冠到達。
鹿島が示した「変わらぬ」強み。
~勝者の精神はいかにして受け継がれるか~

posted2018/11/23 15:00

 
悲願のアジア制覇で20冠到達。鹿島が示した「変わらぬ」強み。~勝者の精神はいかにして受け継がれるか~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

小笠原に続いて、トロフィーを掲げる昌子。最終ラインを見事に統率し、第1戦で得た2点リードを守りきった。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 時代に取り残されるな、変われ、変われ――。そんな見えない圧力が日常化した現代において「変わらぬ」ことが、彼らの大変な強みになっている。

 鹿島アントラーズのことだ。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝で、イランきっての強豪ペルセポリスを破り、初のアジア制覇を成し遂げた。これが節目の20冠目。国内では他の追随を許さぬ大記録でもある。

 地球の裏側からやって来たジーコ(ブラジル)が鹿島の礎を築いて四半世紀。勝ち続ける強者のDNAが脈々と受け継がれてきた。ACL決勝も、そうだ。

 ブラジル国籍の助っ人にオーソドックスな4-4-2システム、そして勝者の精神(=ジーコ・スピリッツ)は変わらぬまま。勝者の作法を心得た試合巧者で、隙がなく、したたかに勝利をたぐり寄せる戦いぶりは、まさに鹿島のイメージそのものだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ