競馬PRESSBACK NUMBER

薬物事件で開催危機の岩手競馬。
「復興の窓口」を潰してはならない。 

text by

井上オークス

井上オークスOaks Inoue

PROFILE

photograph byOaks Inoue

posted2018/11/17 11:00

薬物事件で開催危機の岩手競馬。「復興の窓口」を潰してはならない。<Number Web> photograph by Oaks Inoue

南部競馬の代名詞的な存在である南部杯。

1日も早く再開されることを祈る。

 信じられないほどの支援を受けて震災を乗り越え、ようやく明るい展望が開けた矢先に、相次いで発生した薬物事件。数多の競馬ファンやホースマンの想いを踏みにじる犯人がいるとすれば、怒りを禁じえない。こんなことで、復興の窓口を潰してはならないのだ。

 楽しみを奪われたファンがいる。愛馬を案じる馬主がいる。レースが行われる日もわからぬまま、連日午前3時から調教に励むホースマンがいる。

 競馬再開の条件は、「公正な競馬を開催するための体制の構築」。岩手県競馬組合には、原因究明と再発防止に、まずは全力で取り組んでもらいたい。その上で、反省や検証も、責任を持ってやり遂げるべきだ。

 1日も早く、岩手競馬が再開されることを祈る。再開は最速で11月24日(土)。水沢競馬場で馬券を握りしめ、熱いレースを楽しめる日を待ち望んでいる。がんばれ、岩手競馬。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岩手競馬

競馬の前後のコラム

ページトップ