フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

全治3週間負傷でも優勝の羽生結弦。
ザギトワも優勝で五輪覇者の貫禄。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/11/19 17:00

全治3週間負傷でも優勝の羽生結弦。ザギトワも優勝で五輪覇者の貫禄。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

美しく、優雅に滑る羽生だが……その身体には歴戦の負担が重くのしかかっている。

白岩、山下は表彰台に至らず。

 総合2位はロシアのソフィア・サモデュロワ、3位には韓国の15歳、イム・ウンスが入り、初のシニアGPメダルを手にした。

 GPファイナル進出のかかっていた山下真瑚は総合7位に終わり、白岩優奈も総合5位で表彰台には届かなかった。

 この大会では、うつ病と摂食障害を告白して競技を休んでいたアメリカのグレイシー・ゴールドが2シーズンぶりの復帰を遂げた。

 だがまだジャンプの調整ができておらず、SPで最下位に終わった後に棄権。自身のソーシャルメディアでファンを失望させたことを謝罪した。

 かつては若手女子の中で、一番の才能と言われていたゴールドである。

 焦らずに、時間をかけて納得のいく形での復帰を目指して欲しい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
羽生結弦
アリーナ・ザギトワ
エフゲニー・プルシェンコ
友野一希
アルトゥール・ディミトリエフ
ソフィア・サモデュロワ
イム・ウンス
山下真瑚
白岩優奈
グレイシー・ゴールド
モリス・クビテラシビリ

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ