オリンピックへの道BACK NUMBER

いつか荒川静香さんみたいに……!
白岩優奈が目指す五輪と資金援助の輪。

posted2018/11/19 16:30

 
いつか荒川静香さんみたいに……!白岩優奈が目指す五輪と資金援助の輪。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

11月15日から始まったクラウドファウンディングでは、1130万円を超える額(11月19日現在)が集まっている白岩優奈。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「昨日の夜はいろいろなことを考えすぎて、眠れませんでした」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ、ロシア杯を5位で終えた白岩優奈の表情には、悔しさがあふれていた。

 突如、舞い込んだチャンスだった。出場を予定していた樋口新葉が怪我により欠場。GPのフィンランド大会(4位)のみの出場だったはずの白岩が出ることになった。

 迎えた大会では、ショートプログラムでジャンプの回転不足があり、5位にとどまる。

 フリーは後半、ジャンプでミスが続き、巻き返しはならなかった。

「毎試合毎試合、リベンジを誓っているような気がして。次こそは、と思うんですけど、やっぱり気持ちの弱さからかなと思います」

 そう振り返るショートは、ザギトワの直後に滑った影響を示唆した。

「空気にのみこまれないように必死で、精神状態を保とうと一生懸命やっていたんですけど、体と心のコントロールがうまくいかなかったなと思います」

「自分の、今までの練習の甘さ」

 フリーでも課題を感じた。

 トリプルサルコウからのコンビネーションジャンプで転倒。最後のトリプルループをコンビネーションジャンプに、と意識し、かえって失敗を招いた。

「ループのリカバリーの練習をやってませんでした。本番ぶっつけでできるわけはないので、そこは自分の、今までの練習の甘さだったと思います」

 悔しさは募った。

【次ページ】 ちゃんとやれば、勝てる!

1 2 3 NEXT
白岩優奈
荒川静香
樋口新葉

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ