Number ExBACK NUMBER

「ユヅルのほうがスケートが上手」
プルシェンコが語る羽生結弦の実力。

posted2018/11/22 11:30

 
「ユヅルのほうがスケートが上手」プルシェンコが語る羽生結弦の実力。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月17日、ロシア・モスクワで行なわれた欧州選手権の開幕式で一緒に滑る、プルシェンコと息子のサーシャ君。

text by

栗田智

栗田智Satoshi Kurita

PROFILE

photograph by

AFLO

 皇帝エフゲニー・プルシェンコへの“謁見”は11月初旬のことだった。

 粉雪が舞う晩秋のモスクワである。彼が昨年4月に開校した「プルシェンコ・アカデミー」(正式名称は「エフゲニー・プルシェンコ・フィギュアスケート・アカデミー“エンジェルス・オブ・プルシェンコ”」)のリンクサイドでインタビューは行なわれた。

 羽生結弦の今シーズンのフリー『Origin』は、プルシェンコの伝説的プログラム『ニジンスキーに捧ぐ』の楽曲を使用したものだ。羽生少年が本格的にフィギュアスケートを志すきっかけとなった憧れの存在へのオマージュである。

 羽生のプログラムはプルシェンコの目にどう映ったのか、1時間にわたって話を聞くことができた。「ニジンスキーに捧ぐ」が完成するまでの経緯、2003-2004シーズンがどんな時期であったかといった背景も含め、自身の競技人生の中でいかにこのプログラムが大切なものであるか、想いを熱く語ってくれた。

 そして話は、なおも挑戦を続ける羽生へのエール、さらには感謝の気持ちを伝えるまでに及んだ。羽生への愛情が言葉の端々に感じられた。

私とユヅルの共通点は……。

 インタビューの中でプルシェンコは羽生に対してある提案もしており、その後の話はフィギュアスケートの未来へとつながっていくものだった。

 詳しくは雑誌Number(966号)のインタビューをご覧いただければと思うが、その言葉からはプルシェンコの『ニジンスキーに捧ぐ』にかける想いとともに、羽生の実力を心から認めていること、そして後継者たる羽生にフィギュアスケートの未来を託していることが伝わってきた。

 実際、プルシェンコは羽生にシンパシーを感じている。2人が似ていると思うところはどこか訊ねたときのこと。

「私とユヅルの共通点はたくさんあります。我慢強く最後まであきらめないところ、リスクを恐れず挑戦するところ、自由を好むところ、インプロビゼーション(即興)を楽しめるところ……」

【次ページ】 彼の方がスケートが上手。

1 2 3 NEXT
エフゲニー・プルシェンコ
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ