プロ野球亭日乗BACK NUMBER

若き侍が次々とメジャーに適応!
日米野球で見せた急成長の中身。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/15 15:00

若き侍が次々とメジャーに適応!日米野球で見せた急成長の中身。<Number Web> photograph by Kyodo News

無失点で終え、捕手甲斐と山川に賞される佐藤優。若い選手たちが次々とメジャー相手に適応し始めている。

「目標は五輪と来年のプレミア12」

 インパクトの点の強さで打球を飛ばすのか。

 それともバットの面を使って広くグラウンドを使って安打を打つのか。

 打者のタイプによってメジャーの投手の投げるボールに対する受け止め方は異なる。

 それぞれの打者が緊張の舞台の中でも冷静に相手投手と自分の打撃を整理して修正できている。それが5戦4勝というチームの成績にも結びついているのだろう。

 稲葉監督は言う。

「目標は(東京)オリンピックと(来年の)プレミア12ということを頭に置いて、日米野球は過ごしている。今は選手の適材適所を見ているところ。今回集まった選手たちは素晴らしい選手ばかりで、今後も(本番の人選に)悩み続けると思います」

 来日したメンバーの顔ぶれがスター不足とも言われる今回の日米野球。それでも何かを得ようとする選手たちには、必ず成長のきっかけにはなる。

 その成長があって初めて2020年の東京五輪での金メダルが、見えてくるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
甲斐拓也
稲葉篤紀
岡本和真
山川穂高
アメド・ロサリオ
ミッチ・ハニガー

プロ野球の前後の記事

ページトップ