プロ野球亭日乗BACK NUMBER

若き侍が次々とメジャーに適応!
日米野球で見せた急成長の中身。

posted2018/11/15 15:00

 
若き侍が次々とメジャーに適応!日米野球で見せた急成長の中身。<Number Web> photograph by Kyodo News

無失点で終え、捕手甲斐と山川に賞される佐藤優。若い選手たちが次々とメジャー相手に適応し始めている。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 最後は“甲斐キャノン”の発動だ。

 9回1死一塁。ミッチ・ハニガー外野手(シアトル・マリナーズ)の放った遊撃へのゴロを源田壮亮内野手(西武)が捕って二塁ベースカバーの山田哲人内野手(ヤクルト)に送った。その山田の一塁転送のボールが大きく逸れて一塁フェンス方向に転がった。

 しかしこれをカバーしたのが甲斐拓也捕手(ソフトバンク)だった。

 ファウルゾーンから“キャノン”が炸裂して、二塁を狙った走者を刺して、日本のこのシリーズ3度目の逆転勝利が決まった。

「いつも通りにカバーして、当たり前のことを当たり前にやっただけです」

 6回には1死一塁で今季メジャー24盗塁のアメド・ロサリオ内野手(ニューヨーク・メッツ)に盗塁を許した。10月15日のクライマックスシリーズで日本ハム・西川遥輝外野手に許して以来、実に1カ月ぶりの許盗塁。連続盗塁阻止こそストップしたが、この試合ではバットで貢献した。

若手選手もメジャーに対応し始めた。

 7回には同点劇の口火をきる右前タイムリー。8回には2死から一塁にチームメイトの上林誠知外野手(ソフトバンク)を置いて左中間に決勝二塁打。

「上林さんが良く走ってくれました」

 初戦に続くシリーズ2度目のマルチ安打は、肩だけではない代表捕手へのアピールだった。

「体は緊張しているけど、頭の中はすごく整理ができてプレーしている。しっかり準備ができてプレーできている」

 こう語ったのは稲葉篤紀監督だった。

 甲斐だけではない。

 柳田悠岐外野手(ソフトバンク)や秋山翔吾外野手(西武)といった中軸選手ではなく、若手打者が躍動した。日本では経験したことのないメジャーのボールに、いかに対応するか。

 今のところしっかりと対策をして、シリーズが進むにつれて適応してきているように見える。

【次ページ】 岡本が見せた見事な「適応力」。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

甲斐拓也
稲葉篤紀
岡本和真
山川穂高
アメド・ロサリオ
ミッチ・ハニガー

プロ野球の前後のコラム

ページトップ