プロ野球PRESSBACK NUMBER

「『やりきった』という感覚がない」
西武・外崎修汰が悔しさ募らせる理由。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/15 10:00

「『やりきった』という感覚がない」西武・外崎修汰が悔しさ募らせる理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

走攻守すべてが揃う外崎。日本シリーズ進出を逃したことは発奮材料となっている。

復帰した後も、恐怖感は残った。

「2週間、安静にしているように言われて、全く何もできずにモヤモヤしていましたね。上半身も下半身も全く動かせないので、トレーニングもできませんでした。できることは限られていて、とにかく早く治すことしか考えていませんでした」

 高酸素カプセルや電気治療など、効果があると言われる治療はすべて試した。

 一軍復帰を見据え、9月30日にはチームの札幌遠征に同行。

「でもまだ全力で振れるという感じではなかったですね。札幌に合流したときは、『だいぶコンディションはよくなった』というくらいで、実戦経験はまだまだと思っていました。

(登録抹消中に)ファームでもっと試合に出たかったんですけど、試合があまりない期間と重なってしまって、自分で思い描いたほど出場できなかった。

 そのあとすぐに札幌へ行ったので、まだ怖さもありました。また振ったら痛めるんじゃないかという怖さですね。それはまだ残っていました」

「今後、慎重さを頭の隅に置いておく」

 チームは9月30日に優勝を決め、外崎もビールかけに参加。

 ライオンズにとって10年ぶりとなるリーグ優勝の喜びは、チームメイトとともに味わうことができた。

「胴上げに貢献したかったという思いは、やっぱりありますね。開幕からずっと首位を走っている中で、自分も結果が出てきていたところだったので……。ちょうど調子が上っているときでも、練習中にこんな形で故障するケースもあるんだなと。『いい勉強になった』と受け止めようと思います。

 どんなにコンディションが良くてもアクシデントは起こり得る。今後、慎重さを頭の隅に置いておくことができれば、これからの野球人生にプラスになるかもしれないので」

【次ページ】 野球人生初の長期離脱だった。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

外崎修汰
埼玉西武ライオンズ
辻発彦

プロ野球の前後のコラム

ページトップ