プロ野球PRESSBACK NUMBER

「『やりきった』という感覚がない」
西武・外崎修汰が悔しさ募らせる理由。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/15 10:00

「『やりきった』という感覚がない」西武・外崎修汰が悔しさ募らせる理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

走攻守すべてが揃う外崎。日本シリーズ進出を逃したことは発奮材料となっている。

ファンの声援に応えられず……。

 ファイナルステージ第5戦でホークスに敗れたあと、直後の会見やミーティングでは、さばさばと試合を振り返っていた辻発彦監督が、最終戦セレモニーの挨拶で言葉に詰まり、嗚咽をもらした。

 外崎は言う。

「やっぱりぐっときましたね。自分も同じ気持ちでした。あのセレモニーの場に立って、試合には負けたのに、ファンの方たちからあんなに大きな声援をもらった。その声援に応えきれなかったことが悔しいし、申し訳ないと思いました」

 しかし、その悔しさが来季への糧につながっていることは確かである。

「もちろんまだ課題はたくさんあります。でも打率(2割8分7厘)と得点圏打率(3割6分)については、自分の中で『この数字を残せるくらいは通用するんだ』という自信にはつながりました」

 日米野球をステップに、2019年はシーズンフル出場、そして叶わなかった日本一へと目標をつなぐ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

外崎修汰
埼玉西武ライオンズ
辻発彦

プロ野球の前後のコラム

ページトップ