セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ブッフォンの後を追う才能たち。
イタリアに名GKが生まれる理由。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/11/14 10:30

ブッフォンの後を追う才能たち。イタリアに名GKが生まれる理由。<Number Web> photograph by Getty Images

インドネシア人の父とイタリア人の母を持つアウデロは、19歳でユーベのトップに昇格。今季からサンプドリアにレンタル。

カルチョのGKと運動の美学。

 2000年のスクデットなどラツィオで数々のタイトルを獲得した名GKマルケジャーニは説く。

「イタリアは他国に比べてGKのプレーを見る審美眼が厳しい。例を挙げるなら、ドイツでは低いボールへの対応法としてハンドボールにヒントを得たプレーがある。とても実践的だがここでは評価されない。シュートのセーブひとつとってみても、一連のプレーが“スマートか否か”を問われるんだ」

 つまり、イタリアのGKにはボールの止め方、封じ方、そして蹴り方に、それぞれ東洋の武道の「型」にも似た“運動の美学”が求められる、ということらしい。

 決して知名度は高くなくとも、それぞれの感性や理想へのこだわりが強い職人気質のGKコーチが在野にあふれている。彼らは表舞台に立つことは少ないが、“GKの虎の穴”は国中にあるのだ。

セリエAこそ世界最高レベル。

 イタリアのゴールマウスに立つ者たちは口にこそしないが、セリエAのGKこそ世界最高レベルにあると強く信じている。

 ミランとユベントスが激突した先週末、ユーベは2-0で貫禄勝ち。シュチェスニとドンナルンマの対決は、FWイグアインのPKを見事止めるなど完封したユーベの守護神に軍配が上がった。

 あれだけ鉄壁を誇ったはずのアウデロはローマを相手に4失点を重ね、10節以降の3試合で11失点と試練のときを迎えている。

 2失点を加えたゴミスのスパルは、失点数ワースト5位ながら残留圏内を死守した。

 個性豊かな守護神たちと彼らを育む美学。鍛え、見守る師たち。

「イタリアNo.1ゴールキーパー」の称号を巡る群雄割拠は続く。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジャンルイジ・ブッフォン
ディノ・ゾフ
川島永嗣
権田修一
エミル・アウデロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ