欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

リバプールに尽くせぬ選手は一掃。
クロップは心の底から二冠を狙う。

posted2018/11/03 11:30

 
リバプールに尽くせぬ選手は一掃。クロップは心の底から二冠を狙う。<Number Web> photograph by Uniphoto press

ファンダイク(右)と喜び合うクロップ監督。この求心力があるから、リバプールで愛される。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

「あのころ、いくつもの大きな問題を抱えていた。誰もが自信を失い、誰ひとりとして勝てるとすら思っていなかった」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、着任当時を述懐している。

 2015-16シーズン、マージーサイドの空気は芳しくなかった。

 現在の主力でもあるロベルト・フィルミーノ、ジェイムズ・ミルナー、ジョー・ゴメスなど8名のニューカマーを迎えたものの、チームの象徴だったスティーブン・ジェラードがLAギャラクシーに去り、有望株のラヒーム・スターリングはマンチェスター・シティに奪われた。

 プレミアリーグでウェストハム、マンチェスター・ユナイテッドに完敗し、ヨーロッパリーグではボルドーやシオンなど、勝って当然の相手と引き分けている。

 いや、よくよく考えてみれば、2014-15シーズンから崩壊の予兆はあった。

 ルイス・スアレスがバルセロナに移籍し、マリオ・バロテッリはあまりにも独善的だった。ダニエル・スタリッジは負傷のため12試合しか出場できず、ファビオ・ボリーニはノーインパクト。困ったブレンダン・ロジャーズ監督(当時)は4-2-3-1、3-4-2-1など、いくつかのフォーメーションを採用したが最適解を見つけられず、前シーズンの2位から6位にランクダウンしている。

ともに戦えるボス、クロップ。

 当然、人心がロジャーズから離れていく。

「ジェラードもいないのに、誰に頼ればいいんだ!?」

 猜疑心がもたげるサポーターにとって、ポーカーフェイスのロジャーズでは共感できない。彼らは感情移入ができて、ともに戦えるボスを求めていた。

 こうして2015年10月8日、クロップはリバプールの監督に就任したのである。

 スタートは慎重だった。冬の移籍でも思い切った断捨離はせず、QPRからスティーブン・コーカーをレンタルで獲得した程度だ。補強の権限を与えられなかったとはいえ、まずは選手の適性を判断したのだろう。

 その結果、翌シーズンにジョー・アレン、マルティン・シュクルテル、ジョードン・アイブ、クリスティアン・ベンテケなどを放出している。アレンの退団は意外だったが、アイブはプレーに継続性を欠き、シュクルテルとベンテケは鈍重だ。クロップが求めるレベルではなかった。

 この人選こそが、クロップのクロップたる所以ではないだろうか。

【次ページ】 マネ、サラーは監督の申し子。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ユルゲン・クロップ
リバプール
モハメド・サラー
サディオ・マネ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ