沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

強かったルメール&レイデオロ。
消耗戦の天皇賞、最後は底力勝負。

posted2018/10/29 11:30

 
強かったルメール&レイデオロ。消耗戦の天皇賞、最後は底力勝負。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

今年のリーディングジョッキーをほぼ手中におさめたルメールに導かれ、レイデオロが天皇賞を制した。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 豪華メンバーが揃った第158回天皇賞・秋(10月28日、東京芝2000m、3歳以上GI)を制したのは、クリストフ・ルメールが騎乗した2番人気のレイデオロ(牡4歳、父キングカメハメハ、美浦・藤沢和雄厩舎)だった。

 同馬にとっては昨年の日本ダービー以来のGI2勝目。ルメールは、秋華賞(アーモンドアイ)、菊花賞(フィエールマン)につづく3週連続GI制覇。これも昨春(ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービー)以来2度目のことだった。

 何かが起きそうな前兆はあった。最後に馬場入りしたダンビュライトがスタンド前で暴れ、鞍上の戸崎圭太を振り落として放馬。場内は騒然となった。同馬はカラ馬となってコースを走り、馬体検査の結果、疲労が著しいとして出走除外に。ただでさえ少頭数だったこのレースは、距離が2000mに短縮された1984年以降最少頭数だった'98年と同じ12頭によって争われることになった。

スワーヴはスタートの不運で脱落。

 典型的な逃げ馬が不在の今回、ハナを切ると思われていたダンビュライトの除外がどう響くのか。

 ゲートがあくと、実況の「おおっと!」という声とともに、スタンドから悲鳴が上がった。

 1番人気に支持されたミルコ・デムーロのスワーヴリチャードが、最後方まで下がってしまったのだ。外から寄ってきたマカヒキに弾かれるようにして、内のレイデオロとの間に挟まれたためだった。

「スタートでぶつかりました。直線もぜんぜん伸びなかった。久々で気持ちが入っていませんでした」とデムーロ。

 管理する庄野靖志調教師も「出遅れて挟まれ、気持ちが切れてしまった」と、ゲートをポイントに挙げた。同距離の大阪杯の覇者で、さらに得意の左回りということで支持を集めていたのだが、10着に沈んだ。

【次ページ】 ヨーイドンを避けた川田の仕掛け。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリストフ・ルメール
レイデオロ

競馬の前後のコラム

ページトップ