沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

強かったルメール&レイデオロ。
消耗戦の天皇賞、最後は底力勝負。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/10/29 11:30

強かったルメール&レイデオロ。消耗戦の天皇賞、最後は底力勝負。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

今年のリーディングジョッキーをほぼ手中におさめたルメールに導かれ、レイデオロが天皇賞を制した。

アーモンドアイと比べると……?

 3コーナー入口の中間地点(1000m通過地点)からゴールまでの1000mは57秒4。前半より2秒も速くなった流れを、レイデオロはロングスパートで差し切ったのだ。また、この過酷な消耗戦で上位に残ったキセキとアルアインは、それぞれ菊花賞馬の強さと、皐月賞馬の速さを存分に生かし切った。

 底力がなければ勝てないレースを、名手にエスコートされたダービー馬が制した。

「パドックで馬を見たとき、完璧だった。いっぱい自信がありました。去年のジャパンカップと同じぐらい、いい状態でした。みんなに感謝したいです」

 そう話したルメールは、ハーツクライでディープインパクトを下した2005年の有馬記念でJRA・GI初勝利を挙げてから、これがJRA・GI20勝目となった。

「天皇賞を勝ったのは初めてなので、嬉しいです。藤沢先生のダンスインザムードで2着になったこともあった('04年秋)ので、ぜひ勝ちたいと思っていました」

 アーモンドアイと対決することになったらどうかと訊かれると、苦笑してこう答えた。

「難しい質問です。アーモンドアイは特別な馬で、レイデオロも強い馬です。比べたら、アーモンドアイのほうが速い。そのとき(2頭が対決するとき)は頭が痛そうです」

 ルメールが言った「速い」は、おそらく、仕掛けてからの脚はアーモンドアイのほうが速い、という意味だろう。

GI年間最多にならび、200勝も見える。

 ルメールは、これが今年JRA・GI6勝目。まだいくつもJRA・GIを残しているのに、もう最多タイ記録だ。また年間勝ち鞍も177勝目と、武豊しか達成していない年間200勝にも手が届きそうなペースで来ている。

「すごくラッキーです。GIを勝ったのは全部いい馬です。ぼくの調子もとてもいい。日本ではリラックスして乗れます。調教師さんからプレッシャーがないから(笑)。200勝も行きたいです」

 今週のJBC3競走でも有力な騎乗馬が控えている。快進撃はまだまだつづきそうだ。

秋競馬。王者の挑戦状

Sports Graphic Number 964

秋競馬。
王者の挑戦状

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリストフ・ルメール
レイデオロ

競馬の前後のコラム

ページトップ