欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

中国資本を手に入れたウルブスと、
古豪エバートンがプレミア席巻中。

posted2018/10/20 11:00

 
中国資本を手に入れたウルブスと、古豪エバートンがプレミア席巻中。<Number Web> photograph by Uniphoto press

メガクラブが居並ぶ中で、ウルブスのようなチームが奮闘するのもプレミアリーグの面白さだ。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 ついこの間まで、いやいや今シーズンが始まるまで、ウォルバーハンプトン(以下ウルブス)は取るに足らない存在だった。

 イングランドリーグ(プレミアリーグの前身)を1950年代に3度制し、FAカップも1892-93シーズンを含んで4度、リーグカップは1970年代に2度優勝しているが、プレミアリーグ発足後の四半世紀は下部リーグに定住していた。

 1970年代にジョン・リチャーズというイケメンがいたとか、元イングランド代表監督のグレン・ホドル、イタリア代表GKとして一世を風靡したワルター・ゼンガに率いられたシーズンもあるといったところで、トリビアとしてもイマイチの感は否めない。そうそう、北海道コンサドーレ札幌でプレーするジェイ・ボスロイドも、ほんの少しだけウルブスに所属していた。

 しかしいま、“狼”が牙をむこうとしている。

敏腕エージェントと中国企業。

 敏腕エージェントのジョルジュ・メンデス氏がアドバイザー的な役職に就くと、瞬く間に力をつけていった。みずからのコネクションを利用し、2016年7月に『復星国際』が買収した。

 この中国企業の資金力を背景に、ヌーノ・エスピリト・サント監督、ルベン・ネービス、ディオゴ・ジョタなど、メンデス氏は同胞のポルトガル人を補強。一時は「リーグ1(実質3部)降格もある」とまでいわれたチームがメンデス氏の補強も奏功し、昨シーズンのチャンピオンシップ(実質2部)で30勝9分7敗。圧倒的な強さでプレミアリーグに昇格したのである。

「油断できない」「単なる昇格チームと考えていると痛い目に遭う」「トップ10……いや、ヨーロッパリーグの出場権も狙える」などなど、ウルブスの評価はシーズン前から高かった。

【次ページ】 マンチェスター勢にドロー。

1 2 3 4 NEXT
ウォルバ―ハンプトン
エバートン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ