SCORE CARDBACK NUMBER

バジャドリーが“怪物”の手に。
ロナウドに期待される1人3役。
~経営権を買収したレジェンドの存在感~

posted2018/10/20 16:30

 
バジャドリーが“怪物”の手に。ロナウドに期待される1人3役。~経営権を買収したレジェンドの存在感~<Number Web> photograph by Getty Images

ホームゲームに訪れた筆頭株主のロナウド。ブラジル代表でペレに次ぐ歴代2位の62得点をあげ、'11年に引退。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 黒いポロシャツの腹部が膨らんでいた。ロッカールームに座る無名の選手たちの前に、フェノメノ(怪物)ロナウドが立っている。その姿は威厳すら感じさせる。

 9月、ロナウドはスペイン1部バジャドリーの株式51%を3000万ユーロで取得し、クラブの経営権を手にした。かつて城彰二も所属したバジャドリーはスペインのマイナークラブだ。今季から1部に昇格したものの、全国区の人気があるわけでもなく、有名選手もいない。しかしロナウドのおかげでメディアで報じられる回数は激増、ちょっとした「ロナウドブーム」が起こっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

バジャドリー
ロナウド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ