サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

大迫勇也はベルギー戦を忘れない。
「若手をコントロールする」自覚。

posted2018/10/19 17:00

 
大迫勇也はベルギー戦を忘れない。「若手をコントロールする」自覚。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ウルグアイ戦でも抜群のポストプレーを見せ、自ら得点も挙げた大迫。その言葉には説得力がある。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 新生日本代表が立ち上がって2度目のインターナショナルマッチウィーク。森保ジャパンに初招集された大迫勇也は、合流前にこう代表への思いを語っていた。

「まだ悔しさがあるし、W杯の。あの悔しさをね、しっかり活かしたいと思う。それなりの覚悟とエネルギーが代表が必要なので、日本に帰って準備したいですね」

 ロシアW杯から3カ月強が経ち、すでに新たなチームがスタートしている。9月ラウンドでロシアでの主力が招集されなかったのも理由の1つだろうが、ベルギー戦の悔しさがまだ残ると話す姿に驚くとともに、頼もしさを感じた。

 大迫は10月12日のパナマ戦、16日のウルグアイ戦と続けて先発出場した。若い、フレッシュ、勢いといったキーワードでくくられそうな今回の2試合だったが、チームになくてはならない力を見せつけた。

足元を見て取り組まないと。

 あのポストプレーと献身性の高さは何物にも代えがたい、ということをあらためて感じさせたのだ。2列目からゴールに貪欲に向かう南野拓実、堂安律、中島翔哉を誰よりもサポートしたのは大迫の存在があったからこそだ。

 ただ、ウルグアイ戦後の大迫は愛想こそ悪くはないものの、どこか歯切れが悪かった。

「うーん……そうですね、相手も良いチームだったことは確かですし、まだまだ一喜一憂せずに、足元を見て取り組んでいくことが大事かなと、今は」

 勝ちはしたが、内容には満足とはいかない。浮き足立つことなく地に足をつけていこう、ということだろう。

 また今回の連戦では、どちらかと言うと“若手を立てる”ことを意識していたのをうかがわせる言葉もあった。

「前に、タテに行く選手が多いので、僕のところでしっかり(ボールを)落ち着かせないと、チームとしても苦しくなる。そこはまあ、まだまだですね」

【次ページ】 気になった試合の終わらせ方。

1 2 NEXT
大迫勇也
中島翔哉
堂安律
南野拓実

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ