Number ExBACK NUMBER

大阪桐蔭・西谷監督も憧れた「PL学園
伝説のスカウト」がKKドラフトを語る。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/10/15 08:00

大阪桐蔭・西谷監督も憧れた「PL学園伝説のスカウト」がKKドラフトを語る。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「藤井寺ボーイズ」の西浦均監督(左)と練習を見る井元俊秀氏(右)。82歳となった今も足繁くグラウンドに通い、高校野球に携わり続けている

PL教団として、いい人材を世の中に。

 甲子園のスターを何人も生み出したPL黄金期の「スカウト」としての顔ばかりが独り歩きしたためか、教団に育てられたという井元氏の生い立ちや、野球部創部メンバー、初代監督であったことは意外と知られていない。

「教団は前身の『ひとのみち教団』だった時、戦前に天皇への不敬罪で一度、潰されているんです。戦後、PL教団となり、スポーツ界、政界、芸能界、いい人材を世の中に送り出すことで教団を世に示そうというのが、教祖の思いでしたから。野球部もそういうところから始まっているんです」

 単なる「スカウト」という呼称を嫌うのは、そういう使命感のためではないだろうか。

 事実、野球少年の才能や適性を発掘する、その活動ぶりは、とても「スカウト」と一言でくくれるものではなかったという。

KK以外にも多くのプロ野球選手を輩出。

 まだPL学園が無名だった時代、大学、社会人、プロ野球関係者とのパイプを独力で切り開いていった。

 その一方で、少年野球の現場に足を運んだ。当時、ライバル他校の関係者が「有望選手がいる」という噂を耳にして行ってみると、そこには必ず井元の姿があったという。「グラウンドに井元が見に来ていたから」という理由で、そのチームの選手を入学させる高校野球関係者もいたという。

 KK以外にも、西田真二、木戸克彦、小早川毅彦、吉村禎章、立浪和義、片岡篤史、野村弘樹、橋本清、宮本慎也、今岡誠、松井稼頭央、福留孝介……、PLの門をくぐって、プロ野球界で成功した選手の数は驚くほど多い。

 打倒PLを目指した大阪の強豪校が、何年もの間、それを果たせなかったのには理由があったのだ。

 そして、そんな井元の背中を追ったのが、今年、甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭野球部監督・西谷浩一氏だった。

【次ページ】 覇権はPL学園から大阪桐蔭へ……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
井元俊秀
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ