Number ExBACK NUMBER

大阪桐蔭・西谷監督も憧れた「PL学園
伝説のスカウト」がKKドラフトを語る。

posted2018/10/15 08:00

 
大阪桐蔭・西谷監督も憧れた「PL学園伝説のスカウト」がKKドラフトを語る。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「藤井寺ボーイズ」の西浦均監督(左)と練習を見る井元俊秀氏(右)。82歳となった今も足繁くグラウンドに通い、高校野球に携わり続けている

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 怪物のような人を想像していた。あまりにも多くの野球関係者から「伝説のスカウト」だと聞かされていたからだ。

 ところが目の前にいたのは柔和な表情の老紳士だった。よく整えられた白髪に、折り目正しい開襟シャツとジャケット、スラックス。噂と実像とのギャップに少々、面食らった。

 井元俊秀氏。82歳。

 かつて、PL学園野球部の「入口」と「出口」を任せられ、桑田真澄、清原和博ら数々の有望選手を勧誘し、大学、社会人、そしてプロ野球界へと送り出していた人物だ。PLが高校野球において黄金期を築くことができたのは、グラウンドの指導者らとともに、裏にこの人の存在があったからだとされている。だから「伝説のスカウト」と呼ばれる。

 そして、今も秋田県・私立明桜高校の副校長として野球部の強化に携わっている。つまり「現役」として少年野球の現場に足を運んでいるのだ。

「スカウトという言葉は好きじゃない」

「スカウトという言葉は好きじゃないんですよ。高校野球の世界ですし、子供が野球をやっているのを見て、その子が将来どうなっていくのかを見届ける。それが好きなだけですから。仕事と考えたら、やれないですよ」

 この日は、大阪・藤井寺ボーイズのグラウンドに足を運んでいた。

「おう、この間はどうだった?」

「だいぶ、良くなったな。すごいよ」

 孫よりもまだ小さい選手たちに気さくに声をかける。少年たちも嬉しそうだ。

「いろいろ話しかけて性格を見とるんですよ。指導者から何か言われた時に、ただ素直に『はい』というのではなくて、なんでですかって疑問を持ったり、言い返したりしてくる子はいいですよ。桑田がそうでしたから」

 指導者や保護者とも会話し、選手たちの様子を聞き、少年野球の現状にも話が及んでいる。

【次ページ】 PL教団として、いい人材を世の中に。

1 2 3 4 NEXT
井元俊秀
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ