スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ブルペンの腕比べと一発勝負。
ドジャースとブルワーズの優劣は? 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/10/13 07:00

ブルペンの腕比べと一発勝負。ドジャースとブルワーズの優劣は?<Number Web> photograph by Getty Images

短期決戦においてブルペンの力は勝敗に大きく影響する。前田健太はドジャースに流れを引き寄せられるか。

ドジャースのブルペンの調子も上向き。

 対するドジャース(9月時点で年俸総額1億9647万ドル。大リーグ3位)のブルペンはどうだろうか。

 8月初めに不整脈で戦列を離れた抑えの切り札ケンリー・ジャンセンは、8月20日に実戦復帰した。ただ、月末までの約10日間では、5試合に登板して防御率12.60、被本塁打4とさんざん打ち込まれている。前田健太が配置転換でブルペンにまわったのは8月14日以降で、ベンチの狼狽ぶりは察しがつく。

 8月10日から22日にかけては、チームも3勝9敗の不調にあえいだ。

 そんなドジャースが復活したのは、やはりジャンセンが調子を取り戻してからだろう。9月1日~10月1日のジャンセンは13試合に登板し、12回3分の1を投げて防御率2.92。絶好調とはいいがたいが、6回以降をペドロ・バエス、前田健太、ケイレブ・ファーガソン、スコット・アレクサンダーらでつなぎ、9回をジャンセンに託すという勝利の方程式は、この時期にほぼ再建されたと見てよいのではないか。

シーズン中はドジャースが優位だったが。

 DSに限っていうと、ドジャースのブルペンは防御率0.84の成績を残している。ブルワーズは1.17。ほぼ互角の数字だが、ドジャースのデイヴ・ロバーツ監督が(打者との相性を考慮して)頻繁な投手交代を躊躇しないのに対して、ブルワーズのクレイグ・カウンシル監督はいったんマウンドを任せるとじっくり構え、イニングを跨いで投げさせることが珍しくない。

 一般的にはロバーツ采配のほうが短期決戦にふさわしい感じだが、これだけ力が接近していると、そうとは断言できない。最後は、試合終盤の一発勝負になる可能性もかなり高い。

 レギュラーシーズンの直接対決を振り返ると、ドジャースの4勝3敗という結果が残っている。打率(2割8分3厘対2割3分5厘)、本塁打数(14本対5本)、打点数(46対21)などは、いずれもドジャースが上回る。そもそも、ナ・リーグで最も本塁打数の多いドジャース打線を、ブルワーズのブルペンは封じられるのだろうか。

【次ページ】 それにしても予想が立てにくいシリーズだ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田健太
ロサンゼルス・ドジャース
ミルウォーキー・ブルワーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ