欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

もはや過去のプレミア「ビッグ6」。
マンCとリバプールの熟成が異次元。

posted2018/10/06 16:30

 
もはや過去のプレミア「ビッグ6」。マンCとリバプールの熟成が異次元。<Number Web> photograph by Uniphoto press

昨季はCLの舞台でも激突したシティとリバプール。現地時間7日に注目のリーグ戦直接対決が開催される。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 各チームとも7試合を消化したにすぎないが、今シーズンのプレミアリーグの流れがほんの少しだけ見えてきた。試合内容をみるかぎり、マンチェスター・シティとリバプールが2強で、チェルシーがどこまで食らいつけるのか。

 そしてビッグ6という表現は、もはや過去完了形といって差し支えなくなってきた。

 いや、もともとビッグ6ではなかった。なにしろ、昨シーズンはシティの独り勝ちである。数多くの記録を更新し、首位攻防戦すら演じていない。どのようにしてどこから崩すか、守るのか、選手間の共通理解が高次元で一致していたため、まさしく異次元の強さを発揮した。

 今シーズンの新戦力はリヤド・マフレズただひとりだ。練習中に右膝を負傷したケビン・デブライネは戦線離脱を余儀なくされた。それでも、シティのパフォーマンスが大幅に低下しているわけではない。

 第7節終了時点で6勝1分。順位表では定位置のナンバー1。21得点・3失点というデータも、もちろんリーグ最高だ。デブライネを負傷で欠き、多くの主力がワールドカップの疲労を引きずっているにもかかわらず、である。戦略・戦術の練度はさらに磨かれ、今シーズンも優勝候補であることに疑いの余地はない。

シティはリバプールだけに苦戦。

 ただ、昨シーズンはリバプールにだけ苦戦した。公式戦1勝3敗。唯一の勝利もサディオ・マネ退場によってプラス1のアドバンテージを得たからに過ぎず、そのほか3試合は圧倒されている。当然、心のどこかに苦手意識がある。

 しかも今シーズンのリバプールは、懸案だったGKにブラジル代表のアリソンを補強。さらにナビ・ケイタ、ジェルダン・シャキリといった即戦力も獲得し、選手層ではシティを上回りつつある。ダニエル・スタリッジの復活も心強い。

 また、ビルヒル・ファンダイクの巧みなコーチングによって、ジョー・ゴメス、トレント・アレクサンダー・アーノルド、アンドリュー・ロバートソンといった若手が攻守ともに急成長。ユルゲン・クロップ監督が授けたゲーゲンプレスは凄みが増し、なおかつ後半の追加タイムに入っても足色が鈍らないのだから、今シーズンのリバプールが各方面で熱く支持されるのは当然だ。

 第7節終了時点で6勝1分/15得点・失点3。シティとは僅差の2位である。

【次ページ】 両チームとも完成度が高まった。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・シティ
リバプール
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ