“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

サッカーU-17W杯出場決定の先へ……。
森山佳郎監督はアジア王者にこだわる。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/10/02 11:00

サッカーU-17W杯出場決定の先へ……。森山佳郎監督はアジア王者にこだわる。<Number Web> photograph by AFLO

オマーン代表に勝利し、来年のU-17W杯出場を確定させ喜ぶU-16日本代表の選手とスタッフたち。

ファインセーブで何度も決定機を潰される。

 後半は日本が猛攻を仕掛け、何度も決定機を作り出した。

 開始早々の46分、ペナルティエリア内で成岡が強烈ボレーシュートを放つも、GKが足で見事なセーブ。続けて左CKからMF近藤蔵波(こんどう くらば/セレッソ大阪U-18)が決定的なシュートを放つが、これも相手のGKのスーパーセーブに阻まれた。

 さらに54分に近藤からのパスを受けた西川が、右足で強烈に狙うもGKに防がれる。さらに59分にも右サイドで成岡が荒木とワンツーで抜け出し、マイナスの折り返しをすると、これを西川がフリーで狙うがまたもやGKのビッグセーブ。

 実に……4度もの決定機すべてを相手GKの超絶プレーに阻まれるという、嫌な流れになりつつあった。しかし、ハーフタイムでネガティブな要素が取り除かれた日本の攻撃は一切ブレることがなかった。

「相手に疲れの色が出てきて、特に右CBの15番(モハメド・ラシード)がしんどそうな顔をしていたので、左サイドをどんどん突いていけばさらに大きなチャンスになると思ったので狙いました」(西川)

冴えわたった森山監督の采配。

 西川が前半は右サイドに流れることが多かったが、相手の状況を見て左サイドに流れる回数を多くしていた。と同時に、周りの選手もその動きに呼応して見事に連動してみせた。

 左MFの近藤、西川と2トップを組む荒木が、西川の動きに食いつく相手DFの動きを見て中央よりにポジションを取り、左サイドバックの中野伸哉(サガン鳥栖U-15)もサポートに入るだけでなく、アンダーラップからボールを受けてチャンスを作り出していた。

 決定機を重ねるごとに噛み合っていく攻撃――ここで森山佳郎監督が動いた。

 67分、近藤に代えてFW唐山翔自(とうやま しょうじ/ガンバ大阪ユース)を投入。唐山は西川とツートップを組み、FWだった荒木が左MFに入った。

「唐山は背後に抜け出すプレーヤーなので、試合前から残り20分くらいのところで、相手が疲れてきたところに背後のスペースを突いていこうという狙いがありました」(森山監督)

 そして目論見通り、この交代がさらに日本の攻撃を活性化することとなった。

【次ページ】 キープレイヤーとなっていた唐山。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森山佳郎
西川潤
半田陸
唐山翔自

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ