炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ優勝のために外したブレーキ。
鈴木誠也が戦う「あの日」の記憶。

posted2018/09/28 11:50

 
カープ優勝のために外したブレーキ。鈴木誠也が戦う「あの日」の記憶。<Number Web> photograph by Kyodo News

シーズン30本塁打、そして昨年大ケガを負った鈴木誠也が敢行したヘッドスライディング。優勝への想いを感じさせるプレーだった。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 あの日から399日――。広島の鈴木誠也は、解放されたような表情を見せた。

 喜び、安堵、そして達成感……。あの日からはとても、こんな瞬間を迎えられるとは思いもしなかった。誰よりも想像していなかったのは、本人だろう。人生初の骨折から過ごしてきた月日は、鈴木の野球人生に色濃く残る時間となったに違いない。

 9月26日、マツダスタジアムは真っ赤に染まった。これまで何度も見てきた光景が、いつもと違った。27年間待ち続けた思いが充満していたのかもしれない。球団初の3連覇を'91年以来の本拠地で決めた。

 マウンドに向かって広島ナインがベンチから飛び出すと、右翼の定位置で右手を上げた鈴木も、まずは二塁ベース付近で外野陣と喜びを分かち合い、そしてチームメートの輪に加わった。

「去年ケガをしてベンチの中から(優勝の瞬間を)見た。守っていて、去年ああいうことがあったなと思いながら迎えたので、感動したというか、すごいうれしかった」

会心のHRから悪夢の大ケガ。

 入団1年目から着実に、順調にスター街道を歩んできた鈴木が昨年のあの日、突如として奈落の底に突き落とされた。

 4番を任された'17年シーズン、実は納得できる打撃はできていなかった。その中で迎えた8月23日DeNA戦。1回表の打席で、ウィーランドの内角ストレートに詰まりながらもバットを振り抜いて左翼席に突き刺した。

「今年初めての感覚。やっといい感覚で振れた。ホッとした。これでシーズン乗り切れると」

 ようやく掴んだ感覚。これでトンネルを抜けることができる。そう確信した直後の悪夢だった。

 2回裏、戸柱恭孝の右中間への飛球を追った鈴木はジャンピングキャッチ。しかし着地した瞬間「ブチ」と何かが壊れる音が全身を走った。そのまま倒れ込むと、起き上がることができない。

【次ページ】 「折れていると分かっていた」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
鈴木誠也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ