酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

打者・大谷翔平の進化が急激な分、
ブランクの発生がなんとも口惜しい。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/09/23 08:00

打者・大谷翔平の進化が急激な分、ブランクの発生がなんとも口惜しい。<Number Web> photograph by AFLO

大谷翔平の「野球少年」然とした佇まいはメジャー移籍後もまったく変わっていない。この笑顔が守られることを祈りたい。

いまやリーグでもトップクラスの数字。

 イチローは文句なしにNPB出身で最高の成功者だ。MLBの野球殿堂入りも間違いないと言われているが、RC27の数字はさすがに日本時代よりは低下している。

 現時点で平成以降の唯一の日本人50本塁打達成者の松井秀喜も、MLBでは数字を大きく落としている。

 NPBの打者がMLBに行けば成績は下がる。これは常識だったのだ。

 しかし大谷翔平は、まだ1年とはいえその常識をぶち破った。NPB時代6.50だった大谷のRC27は、MLBでは7.98。

 ちなみに今季9月18日時点でアメリカン・リーグのRC27が1位の打者は大谷の同僚、エンゼルスのマイク・トラウトの11.43、次いでレッドソックスのムーキー・ベッツの10.20だが、大谷は規定打席以上なら5位に相当する。リーグでもトップクラスの数字なのだ。

 ここまで活躍していたら「さあ、手術を決断しなさい」と言われても「もうちょっと待って」と言いたくなる気持ちはわからないでもない。

初夏に成績が落ちたが、華麗に復活。

 さらに大谷は、アメリカに来てからもどんどん進化している。

 熱心なファンなら、大谷翔平とMLBを代表する大投手、ジャスティン・バーランダー(アストロズ)の最初の対決を覚えておられるだろう。5月16日のことだった。

 大谷はバーランダーのホップする剛速球に手も足も出ず、3三振に終わった。大谷はかなりこたえたようで、しばらく打撃不振に陥ったほどだ。

 しかし、大谷は3回目の対決となる8月25日には、そのバーランダーから二塁打と本塁打を打っているのだ。

 見ている側が「野球ってこんなに簡単なものなのか」と勘違いしてしまいそうな一打だった。大谷の月次の成績を追いかけると、彼の進化の軌跡がよくわかる。

3、4月 9.97
5月 6.31
6月 4.72
7月 3.89
8月 10.78
9月 12.09

【次ページ】 相手投手のマークをものともせず。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ