ラグビーPRESSBACK NUMBER

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。
女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。 

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/09/21 07:00

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

多忙な女優業の合間を縫って、スタジアムへ足を運ぶ。「秩父宮で見かけたら、是非お声掛けくださいね!」

「わたしにとってラガーマンって……」

 5年前は「好きな男性のタイプは?」と、何のてらいもなく聞けた。目の前にいるのはただの大学1年生の女の子だ、30代前半のおっさんが遠慮する必要なんかない、と開き直ることができた。

 でも、いまは違う。目の前にいるのは、れっきとした女優さん。こっちは四十手前のただのおっさんだ。女優に恋愛のことを聞くなんて野暮すぎるだろ、と思っていたところに、渡りに船だった。

 5年前と同じ質問をぶつけた。

――まだ、彼氏ラガーマンOK?

「全然OKです。だけど、わたしにとってラガーマンって、憧れというか、神聖なものというか、もうリスペクトの対象なんですね。自分が彼女に、なんておこがましすぎます。ラガーマンに対して恐れ多すぎて、そういう気持ちが起きないかもしれません」

 5年前はまだうぶだった可愛い大学生が、24歳「職業・女優」の美しい女性になっていた。

 19歳のラグビー好き女子が、もうラグビーなしの人生なんて考えられない、「今シーズンのトップリーグは全試合観ます!」と宣言する、立派なラグビー馬鹿になっていた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山崎紘菜

ラグビーの前後のコラム

ページトップ