ラグビーPRESSBACK NUMBER

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。
女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。 

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/09/21 07:00

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

多忙な女優業の合間を縫って、スタジアムへ足を運ぶ。「秩父宮で見かけたら、是非お声掛けくださいね!」

「ラグビー好き」と言える自信がなかった。

――5年前にもらった山崎さんの名刺に書いてあることが、そのまま現実になっています。

山崎 あの時から2019年を見据えて、日本のラグビー界全体が動いていましたね。いよいよ1年前という大事な時期に、トップリーグのアンバサダーに任命され、また、ワールドカップ開催都市である東京都の特別サポーターも任され、身が引き締まる思いです。

 こうした大役を立て続けに任せていただけたのも、まわりの皆様のお力添えがあってのことですし、任せていただいた以上、ちゃんと恩返ししたい、期待に応えたいと思います。

――5年前、山崎さんは「自分がお世話になった方々に恩返しがしたい。そのかたちが、日本アカデミー賞受賞です」と話していました。まわりの人たちに「何かを返したい」という思いは変わりませんね。

山崎 変わってはいないですけど、昔は本当に何もできなかった、というのが正直な感想です。大学選手権(イメージモデル)1年目は、ラグビー自体知らなかったし、まわりの人たちのサポートがなければ到底続けられませんでしたし、サポートがあってこそ前に進めました。

 正直に言うと、胸を張って「ラグビー好きです!」と言える自信がなかった。好きなんだけど、みんなほど好きなのかな? という気持ちがあって。協会や現役選手、ラグビー経験者や代表OBの方々とお会いすると、自らの経験に基づいた豊富な知識をお持ちで、わたしなんかがイメージモデルやっていいの? という迷いはずっとありました。

 でもいまは、心から「ラグビー大好き!」と言えるようになったし、自分の女優業に対しても自信もついてきたし。あと、好きって言える、それを裏付けるくらいの試合をちゃんと観ている自信もあります。そこが5年前と大きく変わったところかなと思います。

サンウルブズ、日本代表は全試合観る。

――どれくらい試合を観てるんですか?

山崎 けっこう観てますよ。今年のサンウルブズは全試合観ました。日本代表も必ず観ています。できる限りライブで観たいですけど、無理な場合はJ SPORTSさんのオンデマンドを活用して、移動中の新幹線の中とかで(笑)。

 でも大学選手権のイメージモデル時代は、自分の勉強不足のせいで上手く発言できなかった時とかに、すごく厳しい意見もいただいて。

【次ページ】 本当に好きじゃなければ、それは透ける。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山崎紘菜

ラグビーの前後のコラム

ページトップ