沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

800頭の被災馬と競馬を守る人たち。
馬や騎手のためにも早期再開を祈る。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/09/15 08:00

800頭の被災馬と競馬を守る人たち。馬や騎手のためにも早期再開を祈る。<Number Web> photograph by Kyodo News

コスモバルクなどを生み出したホッカイドウ競馬。独自の取り組みで経営を続けてきただけに、今回の震災も乗り越えて欲しい。

9月25日の開催再開を願って。

 開催は11月8日までとなっているのだが、藤沢氏によると、それを延期できないか、地方競馬全国協会と交渉中だという。

「さらに、復興支援のためのレースや開催ができないかと提案をしています」

 前出の川島調教師が話していたように、9月16日(日)に盛岡競馬場で行われる重賞のジュニアグランプリには、5頭のホッカイドウ競馬所属馬が参戦する。それらの鞍上もすべてホッカイドウ競馬のジョッキーだ。稼ぎがない状況がつづくのはつらすぎる。

 9月25日、火曜日の開催再開が実現されることを祈りつつ、再開されたら、応援の意味をこめて現地を訪ねたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
ホッカイドウ競馬

競馬の前後の記事

ページトップ