“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

イニエスタへのファウルと負けん気。
湘南・齊藤未月はU-19世代の闘将。

posted2018/09/13 17:00

 
イニエスタへのファウルと負けん気。湘南・齊藤未月はU-19世代の闘将。<Number Web> photograph by Takahito Ando

逸材がそろうU-19世代にあって、齊藤未月のような闘将タイプはどのような成長曲線を見せるのだろうか。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 最年長としてのプライド――その自覚を持って「戦う」こと。

 ポーランドで2019年に開催されるU-20W杯。その出場権が懸かるAFC U-19選手権は10月に開催される。U-19日本代表のMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)は、最年長としてチームを引っ張る重要な存在になっている。

 U-19日本代表は現在メキシコで、本番前の最後となる海外での腕試しのため、合宿を敢行している。

 第1戦は地元のU-19メキシコ代表と戦って1-1のドロー。

 第2戦はU-19ブラジル代表と戦い、再び1-1の引き分けと、来たるべき本番に向けて着々と準備を進めている。

 この合宿の直前、千葉県内でU-19ベトナム代表との親善試合を戦ったのだが、そこでチームの先頭に立って戦う齊藤の姿に目が釘付けとなった。

味方が削られると怒りをむき出し。

 キャプテンマークを巻きボランチとして出場していた齊藤は、持ち前のボール奪取力を発揮するべく、イーブンボールにも激しくアタック。中盤で次々とボールを回収していた。

 徐々にベトナムのアフタープレーによるファウルが増えていくと、味方がファウルを受ける度に闘争心、怒りをむき出しにする。そしてファウルされた仲間を気遣うなど、リーダーとして堂々たる振る舞いを見せていた。

「やっぱりこのチームの最年長でキャプテンでもありますし。チームの先頭に立ってやらないといけないという、強い思いはあります。

 ああいうシーン(味方がアフタープレーのファウルを受けた時)でも、僕が率先して闘争心を見せることで、チームのボルテージも上がるので。それで、しっかりと局面で戦える試合にしたかったんです」

【次ページ】 「なあなあの試合」ではダメ。

1 2 3 4 5 NEXT
齊藤未月
湘南ベルマーレ
曹貴裁
影山雅永
アンドレス・イニエスタ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ