テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭とジョコビッチの差は、
「正気」と「狂気」のスイッチ。 

text by

吉谷剛

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2018/09/11 11:30

錦織圭とジョコビッチの差は、「正気」と「狂気」のスイッチ。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

天敵ジョコビッチにまたしても敗れた錦織圭。それでも全米ベスト4にまで実力が戻ってきたことも事実だ。

狂う前に倒すか、それとも……。

 準決勝でもラリーの途中から狂気モードに入ったジョコビッチのショットが何度も錦織をおそった。「上書きされて鋭い球が飛んできて、主導権を握れなかった」と錦織。頭の中に入れていた対策は「何かを試す前にミスが出てしまったので、そこまでいけなかった」と、不発に終わったことを明かした。

 狂気への対策が難しいのは、その本質が数字には表れないからだ。傾向もない。流動的な連続したプレーの中で、アドレナリンが頂点に達した中で、狂気は突如として素顔を見せる。狂気のスイッチを持つ相手に勝つには、そのスイッチが切り替わる前に倒すか、自分もスイッチを手にして狂気で対抗するしかない。

 いまの延長上にジョコビッチへの勝利はない。何かを変えなければいけない。狂う前に先手を打って倒すか、相手以上に狂って倒すか……。

 どちらかの道を選ばなければ、この長いトンネルは抜けられない。

関連コラム

BACK 1 2 3
ノバク・ジョコビッチ
錦織圭

テニスの前後のコラム

ページトップ