マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園のベスト9を3通り考える。
プロ目線、大学目線、下級生限定。

posted2018/08/24 08:00

 
甲子園のベスト9を3通り考える。プロ目線、大学目線、下級生限定。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

根尾昂のあまりに高いポテンシャルは、観る側の想像をかきたてずにはおかない。たとえば新しいポジションでも……。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 かつてないほどの盛り上がりを感じさせてくれて、見た人の心に「記念大会」らしい記憶をいくつも刻みつけてくれた「第100回全国高等学校野球選手権」。

 炎暑の激闘の末、春・夏連続で優勝旗を手にした大阪桐蔭高。

「高校生」と呼ぶには違和感を覚えるほどに卓越した野球技術と、窮地にもあわてず騒がず、今、自分たちはどう行動したらよいのかを特定しその通り体現できる“オトナ”のメンタリティーには、ただただ頭が下がるばかりだ。心より敬意を表したい。

「夏の甲子園」が幕を閉じたところで、いささか定番ではあるが、この夏の「ベストナイン」を選んでみたいと思う。

 漠然と「私のベストナイン」を挙げるだけでは芸がない。

 今回は、もしプロ野球スカウトなら誰を挙げるだろう、大学監督ならどんな選手を……。スカウトに、大学監督になったつもりで妄想して選ぶベストナインをまず挙げ、さらに、今大会でめざましい活躍を見せた2年生、1年生で組んだ「ベストナイン・ジュニア」もオマケにお付けして、3通りの角度から選手を選んでベストナインを組み、去り行く高校野球の夏を惜しみたいと思う。

プロのスカウトだったらどう考えるか。

 さて、まずは「プロ野球スカウトが選ぶベストナイン」。私の“妄想”は、次の9選手を選んでくれた。

〔プロ野球スカウトなら選びたいベストナイン〕

投手 渡辺勇太朗(浦和学院) 190cm90kg 右投右打
捕手 根尾昂(大阪桐蔭) 177cm78kg 右投左打
一塁 野村佑希(花咲徳栄) 185cm90kg 右投右打
二塁 山田健太(大阪桐蔭) 183cm83kg 右投右打
三塁 北村恵吾(近江高) 182cm83kg 右投右打
遊撃 小園海斗(報徳学園) 178cm79kg 右投左打
左翼 蛭間拓哉(浦和学院) 174cm81kg 左投左打
中堅 藤原恭大(大阪桐蔭) 181cm78kg 左投左打
右翼 万波中正(横浜) 190cm87kg 右投右打

 ものすごいチームができてしまったものだ。

 きら星のごとく、逸材たちがきらめく。

【次ページ】 投手が柿木、吉田でない理由は……。

1 2 3 4 NEXT

高校野球の前後のコラム

ページトップ