マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園のベスト9を3通り考える。
プロ目線、大学目線、下級生限定。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/24 08:00

甲子園のベスト9を3通り考える。プロ目線、大学目線、下級生限定。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

根尾昂のあまりに高いポテンシャルは、観る側の想像をかきたてずにはおかない。たとえば新しいポジションでも……。

来年が楽しみになる1、2年生ベストナイン。

〔第100回記念大会ベストナイン・ジュニア〕

投手 西純矢(創志学園) 184cm75kg 右投右打
投手 及川雅貴(横浜高) 183cm75kg 左投左打
捕手 畑敦巳(浦和学院) 179cm85kg 右投左打
一塁 小野寺優斗(大垣日大) 179cm81kg 右投右打
二塁 北村涼(龍谷大平安) 166cm60kg 右投右打
三塁 内山壮真(星稜) 172cm72kg 右投右打(1年)
遊撃 土田龍空(近江) 177cm70kg 右投左打(1年)
左翼 井上朋也(花咲徳栄) 180cm80kg 右投右打
中堅 堀裕貴(高岡商) 174cm76kg 右投左打
右翼 稲生賢二(愛工大名電) 172cm73kg 右投左打

 この10選手の“答え”は、この先1年、2年、楽しみを延ばして結果を待ちたい。

 これからの選手たちだ、無理して消すこともないと、「投手」は右・左1枚ずつ。やはり、とてもじゃないが、甲乙つけ難い。

 目いっぱい頑張って作った3通りの「ベストナイン」。

 こっちじゃなくて、絶対こっち。それぞれの人に、それぞれベストナインがいて、それぞれの記憶の中に刻みつけられて、そしていつまでも人の脳裏に刷り込まれる。

 さあ、夏が終わった。

 さて、秋はどうなるんだ。

 もう、その準備はすでに始まっている。高校野球を追う者に、夏休みなどない。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高校野球の前後のコラム

ページトップ