欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部フランクフルトがカップ戦で
“ジャイキリ”を食らい漂う暗雲。

posted2018/08/24 11:30

 
長谷部フランクフルトがカップ戦で“ジャイキリ”を食らい漂う暗雲。<Number Web> photograph by Getty Images

長谷部らを起用しながらのカップ戦初戦敗退。フランクフルトはいきなりつまづいてしまった。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ドイツにも遂にサッカーシーズンが到来しました。先のロシアW杯で史上初のグループリーグ敗退に終わり、国内がシーンと静まり返ったのも過去の話。元来サッカー熱が高く、地域とサッカークラブの結びつきが密接なドイツでは、むしろ「世界規模」の大会よりも日常に寄り添う「クラブ単位」の大会の方が人々の耳目を集めます。

 2018-19シーズンのブンデスリーガ1部は8月末に開幕です。イングランド、スペイン、イタリアなどに比べると今季はスタートが遅い。一方、2部は8月3日のハンブルガーSV対キール戦で幕を開け(ハンブルク、衝撃の大敗!)、続いてドイツのカップ戦であるDFBポカールも始まりました。

 僕の街のアイントラハト・フランクフルトは前年度のポカール・チャンピオンで、今季1回戦の相手はレギオナルリーガ(4部)のSSVウルム1846でした。

 ポカールの1、2回戦はプロとアマチュアでポッド分けされ、必ずアマチュアクラブのホームでプロとのゲームが開催される仕組みとなっています。下部クラブにホーム開催権を与えることで収益を生み、クラブ強化を促進させ、地域を活性化する意図があるのです。

クラブは好きだが信用していない?

 フランクフルトからウルムまでの移動は少々面倒なので、僕は翌日開催のカールスルーエ(3部)対ハノーファーの一戦を取材する予定でした。

 フランクフルトのゲームは、アパートメントから徒歩5分の行きつけの飲み屋で観戦。顔見知りのおばちゃん店主がトンと置いてくれたピルスナービールの前に腰を据えると、さっそく隣のおじいさんが僕に声を掛けてきました。

「君もサッカーを観るのかね?」

「はい。フランクフルターですから」

 両チームの選手が入場してきて、長谷部誠選手が出場しているのを確認。すると、またおじいさんが話しかけてきます。

「僕もフランクフルトは好きだが、このチームを信用していないんだよ」

【次ページ】 バンヤンにあんな負け方を……。

1 2 3 4 NEXT
フランクフルト
長谷部誠

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ