野球善哉BACK NUMBER

根尾昂は他人を思いやるヒーロー。
「吉田輝星投手は素晴らしい投球を」

posted2018/08/22 11:45

 
根尾昂は他人を思いやるヒーロー。「吉田輝星投手は素晴らしい投球を」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

決勝の試合終了後、吉田輝星と健闘をたたえ合った根尾昂。次のステージで、彼らの再戦を見たい。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 皮肉を含んでいない。釘をさす意味でもない。かといって努めてチーム愛を語っているのでもない。

 彼の口からいつも出てきたのは、常に他者をおもんばかる言葉だった。

「キャプテンの中川はずっと毎日、春夏連覇の目標のために、チームに厳しいことを言ってくれた。そんな中川にみんながついていって結果につながったと思います」

 優勝インタビューのお立ち台。大阪桐蔭のキャプテンの中川卓也に続いて悲願達成の喜びを聞かれると、根尾昂はそういって感謝の気持ちを表現した。

 周囲からはチームを引っ張る存在と見られるが、チームのキャプテンは中川なのだと口にする。自分を中心に置かない言葉の選び方には、彼の心の大きさを感じずにはいられない。

教師、指導者へもリスペクト。

 改めて根尾という男のインタビューを思い返すと、他者へのリスペクトを忘れない姿勢にただただ驚かされる。

 たとえば、中学時代にオール5の成績を取るほど勉学優秀だったということにスポットを当て、勉強する秘訣を聞くと、根尾は教師たちへの尊敬の念を口にしたものだった。

「先生方は僕たちが知らないことしか教えないわけですから、それを教えてくださるんだと思って聞いていました。授業が終わったら、今日はこういうことを学んだんだなと、ノートに整理する。オール5を目指していたわけではなく、どの教科でも手を抜かないという意識を常に持っていました」

 自分を中心には物事を考えない。

「僕ができないことをやられている方々は本当にすごいなと思います。それは勉強でも、野球でも感じます」という言葉にも、彼が日常から心の矢印を自分ではなく外へと向けているというのが分かる。

【次ページ】 筒香嘉智と共通する表現力。

1 2 3 NEXT
根尾昂
大阪桐蔭高校
吉田輝星
金足農業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ