スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

レッドソックスと年間最多勝。
爆発的攻撃力で王座奪回を狙う。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/08/18 08:00

レッドソックスと年間最多勝。爆発的攻撃力で王座奪回を狙う。<Number Web> photograph by AFLO

7月28日、ツインズ戦で放ったホームランを見上げるJ・D・マルティネス。

コーラ新監督が考えるべきは……。

 この不安が杞憂に終わるか。それとも、ポストシーズンに入ってからの悩みの種となるか。どちらに転ぶかは、終盤40試合の行方にかかってくる。

 今後の日程を見ると、8月後半はインディアンスとの4連戦が難物だが、他はそう苦しくないだろう。だが9月のレッドソックスは、ブレーヴス、アストロズ、インディアンスとそれぞれ3試合、ヤンキースとは6試合を戦わなければならない。

 どの球団もポストシーズンを視野に入れているだけに、楽なゲームにはならないはずだ。この胸突き八丁を7割前後の高勝率で乗り切れば、年間勝利数の新記録達成もあながち不可能ではない。ただ、レッドソックスにしてみれば、肚の底から欲しいのは、新記録ではなく、ポストシーズンでの王座奪回だろう。

 となると、9月初めにいったん微調整をほどこし、その後一気に鞭を入れるという展開も考えられなくはない。新監督アレックス・コーラも、打線のピークをなんとかポストシーズンに持っていきたいところだろう。

 勝率の高いチームがワールドシリーズを制するとは限らないが、レッドソックスの動静は、今季のポストシーズンを左右するはずだ。注意深く見守っていきたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ボストン・レッドソックス
J・D・マルティネス

MLBの前後の記事

ページトップ