メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

15年前の松井秀喜と似ている?
大谷翔平、2打席連発での大変貌。

posted2018/08/13 07:00

 
15年前の松井秀喜と似ている?大谷翔平、2打席連発での大変貌。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月3日のインディアンス戦の3回、2打席連続の本塁打を放った大谷。相手投手も打たれた瞬間落ち込むほどの当たりだった。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2018年8月3日、クリーブランド。

 この日、「3番・DH」で出場した大谷翔平は“初づくし”の大活躍を見せた。

 1回、先発右腕・クレビンジャーから左中間スタンドへ10号2点本塁打を放つと3回には右中間スタンドに2打席連続の11号本塁打。8回には左腕ペレスから左前打、9回は右腕オテロから中前打を放ち5打数4安打、2本塁打、3打点となった。

 3番での出場が初ならば敵地での本塁打、逆方向への本塁打も初。2打席連続、1試合2本塁打も初めて。4安打は日本ハム時代にもない。“初づくし”は、6つにも及んだのだった。

 前日まで大谷の打率は.257だった。7月3日に打者として復帰してからだと、65打数13安打、打率.200と、さらに低かった。それが一夜にしての大変貌。

 打撃とは、そういうものとも言えるが、彼は慎重に言葉を選んだ。

「まだまだ(自分の)打撃の型があるような感じではない。それをしっかり探したい」

 大谷翔平の爆発を見て15年前のことを思い出した。

松井秀喜の大爆発のきっかけとは?

 2003年6月5日、シンシナティ。

 この日、ヤンキースの松井秀喜は5打数4安打、1本塁打、3打点の活躍を見せた。当時の松井も前日までは打率.250、3本塁打と低迷していた。アメリカでナンバーワンのクオリティー・ペーパーと評されるニューヨーク・タイムス紙からは『ゴロ・キング』というありがたくないニックネームも頂戴していたが、この日を境に松井は本来の輝きを取り戻した。

 6月5日以降は379打数118安打、13本塁打、73打点、打率.311。野球通で知られるニューヨークのファンを虜にし、辛辣さにかけては米国ナンバーワンと言われるニューヨーク・メディアからは「クラッチ(勝負強い)」の称号を与えられた。

【次ページ】 トーリ監督がツーシーム対策を助言。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
松井秀喜

MLBの前後のコラム

ページトップ