ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

野球と生きる――。多田野と榎下が
ファイターズで歩む第二の人生。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byHokkaido Nippon-Ham Fighters

posted2018/08/03 11:15

野球と生きる――。多田野と榎下がファイターズで歩む第二の人生。<Number Web> photograph by Hokkaido Nippon-Ham Fighters

多田野(左)はアメリカで2年、日本ハムで7年プレー、通算18勝20敗。榎下は'11年入団。5年間で35試合に登板し、通算2勝1敗。

2人一緒に夏の甲子園を視察する。

「自分もいろいろな考えを学んで、それをファイターズに生かせたらいいな、と思っています。

 この仕事に僕を選んでもらえたので、球団のために何か恩返しできるようにしたいです」

 8月。第100回を迎えた夏の甲子園を短期間、2人は一緒に視察する。

 かつて沸かせた思い入れある原点、聖地のマウンドを脳裏に刻む。あの空気と熱気を、五感に宿す。

 第二の人生がスタートした道中の多田野と榎下。

 生命力をチャージして、覚悟を決めたそれぞれの道へと、また戻る。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
多田野数人
榎下陽大
山田正雄
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ