ラグビーPRESSBACK NUMBER

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。
2019年ラグビーW杯に間に合うか。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/08/01 10:30

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。2019年ラグビーW杯に間に合うか。<Number Web> photograph by Masataka Tara

日本ラグビーの未来を背負うと嘱望される齋藤直人。赤黒のジャージの先に、日本代表の道がある。

ラグビー、大好きなんで。

 齋藤は、自身の強みをこう語っている。

「上手くなりたいという気持ちは、ずっと持ち続けられていると思います」

 練習からすこし遠ざかると不安になる。部員寮では部屋でもよくボールを触っている。落ち着かなくなると、ついウエイト場で軽く筋力トレーニングをしてしまう。

 幼少期から持ち続けているという向上心の源は、一体どこにあるのか。その理由を、齋藤はぽつりと呟いた。独り言のようだった。

 ラグビー、大好きなんで。

 これからどんな未来が待ち受けるのか、それは分からない。けれど、チャレンジする心意気はある。

「チャンスをもらえたときに、絶対にモノにできるように準備したいと思います」

 向上心を最大の武器に、そのときを待っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田大学
齋藤直人

ラグビーの前後のコラム

ページトップ