ラグビーPRESSBACK NUMBER

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。
2019年ラグビーW杯に間に合うか。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/08/01 10:30

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。2019年ラグビーW杯に間に合うか。<Number Web> photograph by Masataka Tara

日本ラグビーの未来を背負うと嘱望される齋藤直人。赤黒のジャージの先に、日本代表の道がある。

20歳の大学生が勝利に貢献した。

 果たして、齋藤の人生は変わったのか。

 齋藤は後半6分から途中出場。すると類い稀なフィットネスとパスワークで攻撃を牽引。後半9分にはFL大戸裕矢のトライをアシストした。

 そして後半ロスタイム、献身的なサポートでラストパスを受け、ゴール下に笑顔で勝ち越しトライ。

 人生が変わったかは分からない。ただ20歳の大学生が、34-27の勝利に貢献したことは明らかだった。

 手の届かない場所にあると思っていた、桜のジャージー。でも自分の今後の成長次第では、もしかしたら――。

サントリーの練習参加で得たもの。

 しかし遠征で手にした自信は、帰国後、良い意味で打ち砕かれるのだった。

「ちょっと自信がついて遠征から帰ってきて、4月の終わりくらいからサントリーに合流しました。そこで『ほんと自分、下手だな』と思って」

 齋藤は4月下旬から7月初旬まで、練習生としてトップリーグ2連覇王者・サントリーのトレーニングに加わっていた。

「サントリーの練習ではミスばかりでダメだったんですけど、『まだ成長できるんだな』とポジティブな気持ちになりました」

 刺激的だった。質問に丁寧に答えてくれる日本代表スクラムハーフ・流大に感銘を受け、スタンドオフの田村煕などから、技術的な視点をたくさん学んだ。

 なにより、王者ながら挑戦者のマインドを持ち、ピッチ内外で全力を出そうとするチームの雰囲気に魅了された。

「サントリーで活動させてもらったことで、メンタル面、技術面でも、いろんなことを学びました」

【次ページ】 ラグビー、大好きなんで。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田大学
齋藤直人

ラグビーの前後のコラム

ページトップ