JリーグPRESSBACK NUMBER

トーレスは“おいしい場面”で輝く!
金崎夢生とともに鳥栖を救うか。 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/30 12:00

トーレスは“おいしい場面”で輝く!金崎夢生とともに鳥栖を救うか。<Number Web> photograph by Getty Images

デビューの仙台戦、初先発の磐田戦とも無得点だったもののチャンスを作ったフェルナンド・トーレス。今後の得点量産に期待だ。

豊田、田川らがいるだけに……。

 今後に期待が持てると思うのは、感情の起伏が(外見上は)決して激しいとは言えないトーレスが、目に見える熱を発しながらプレーしているからだ。磐田戦でも、チャンスを逃した後に、珍しく全身で悔しさを表わす場面があった。

 元日本代表の金崎が加わり、パワフルな豊田陽平も半年ぶりに復帰。さらに田川亨介という有望株も控えるなど、鳥栖の前線はリーグ屈指の層の厚さを誇る。新たな環境に1日も早く順応し、ゴールという結果を生み出さなくては、たとえトーレスといえどもベンチを温めることになりかねない。

 決定力に問題を抱える日本人ストライカーの指南役として、上から目線でJリーグを戦うような余裕もなければ、掴みどころのなさを、言い換えれば好不調の激しさを鷹揚に受け止めてくれる甘い環境もここにないことは、本人が一番よく理解している。

 危機感に突き動かされた“神の子”が、天性の勝負強さを見せつけるまで、そう時間はかからないはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
フェルナンド・トーレス
金崎夢生
サガン鳥栖
ダビド・ビジャ

Jリーグの前後の記事

ページトップ