サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「コメディ」のち「最高のセーブ」。
川島永嗣への批判は適切ではない! 

text by

岩崎龍一

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/10 10:30

「コメディ」のち「最高のセーブ」。川島永嗣への批判は適切ではない!<Number Web> photograph by Getty Images

川島永嗣の「止めてくれそう」な雰囲気は、率直に言って他のGKにはないものだ。それはオーラとも呼べる存在感である。

すべてのGKコーチが、彼を先発に選んだ。

 2010年南アフリカW杯でポジションを奪って以来、5人の監督が代わってもゴールマウスに立つのは常に川島だった。それは日常の練習を通して、技量を最も客観的に見極める存在であるすべてのGKコーチが、川島が日本で最高のGKと認めていたからだろう。

 確かにロシアでの川島には、ミスもあった。もちろんその印象は消せないのだが、逆にこのような記録もある。

 FIFAが発表しているラウンド16終了時点でのGKセービング数ランキングだ。

 14度のセーブを行った川島はイゴール・アキンフィエフ(ロシア)と並び、ギジェルモ・オチョア(メキシコ)、カスパー・シュマイケル(デンマーク)に次ぐ3位の数字を残している。

 素晴らしいプレーの数も、じつは多かったのだ。

日本代表 未来への扉。

Sports Graphic Number 2018/7/17特別増刊

日本代表 未来への扉。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
川島永嗣
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ