炎の一筆入魂BACK NUMBER

目に見えぬ変化こそ、進化の証し!
大瀬良大地、2018年版の心技体。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/07 08:00

目に見えぬ変化こそ、進化の証し!大瀬良大地、2018年版の心技体。<Number Web> photograph by Kyodo News

6月22日には両リーグ最速かつ自己最多に並ぶ10勝目。6月中の2ケタ勝利到達は2013年の田中将大以来。

登場曲にも現れる、ちょっとした変化。

「今年はマウンドでの落ち着きがあることが大きな違いだと思う」

 プロ入りから積み重ねてきたものの上に、技術の向上、好結果による自信が加わり、今の大瀬良がある。

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」(哲学者ウィリアム・ジェイムズ)

 大瀬良も、まずは「心」が変わらなければ、何も変わらないのかもしれない。同じマウンドに上がる姿も、昨年までと今年とではまったく違う。

“駆け抜けろ 大地~ 赤い声援 力に変えて 今 不屈の闘志胸に~♪”

 実はこの登場曲も、変化していた。屋外球場では音が抜けるため、マウンド上ではあまり聞こえていなかった。シーズン前に音の高低や強弱を変え、リミックスバージョンが流れるようになった。今ではマウンド上でもメロディーが聞こえてくる。

モチベーションビデオを使用して。

 今季から現役時代の黒田氏が取り入れていたモチベーションビデオを大瀬良も使用している。試合前に地元テレビ局に編集してもらった2014年のプロ初完封を決めた瞬間や、クライマックス・シリーズ阪神戦で三振を奪った投球など、躍動した背番号14の姿が映し出される。

 そして、自身の投球で沸くスタンドも。気持ちを高ぶらせるBGMは「大地~炎のナンバー~」。中継ぎの経験から気持ちのメリハリをはっきりさせる中で、戦うスイッチを入れる合図となる。

 ここまで順風満帆にシーズンを送ってきたわけじゃない。このまま終わるのか、目の前の壁を破るのか。

「今年やらないといけない。勝負のシーズンになる」

 プロ野球人生をかけたシーズンと位置付けた今年、まだ、何かを得たわけではない。

“新たな伝説を 栄光目指し 投げ抜け~♪”

 今季はきっと、最後まで駆け抜ける――。
 

関連記事

BACK 1 2 3
大瀬良大地
黒田博樹
前田健太
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ