フランス・フットボール通信BACK NUMBER

超長期計画で育ったウルグアイ代表。
“独裁者”タバレス監督とは何者か? 

text by

トマス・グバン

トマス・グバンThomas Goubin

PROFILE

photograph byMark Baker/AP/SIPA

posted2018/07/05 11:00

超長期計画で育ったウルグアイ代表。“独裁者”タバレス監督とは何者か?<Number Web> photograph by Mark Baker/AP/SIPA

2006年からオスカル・タバレス監督によって鍛え上げられてきたウルグアイ代表。綿密な長期計画に沿って成長してきたチームは、そのピークを迎えている。

「世界で最も優れたサッカー文化を持った小国」

 徹底的な改革が断行されながら、ウルグアイはピッチ上で連綿と受け継がれてきた伝統のDNAを失ってはいない。

「守備の強さこそはウルグアイの特質そのもので、その点はまったく変わっていない」とタバレスは強調する。

 プラグマティストのタバレスに率いられたウルグアイは、対戦相手にとっては厄介な存在である。

「世界で最も優れたサッカー文化を持った小国」、それがウルグアイであるとタバレスは誇らしく語る。

「12年かけてここまで様々な準備を進めてきた。昨日今日始めたことではない」

 それではロシアワールドカップの後も、彼は代表の指揮を続けるのか。

代表監督という仕事を続けられる幸運。

 神経痛に苦しみ、それが原因で筋肉のコントロールが利かなくなっているにもかかわらず、日ごろ彼はそのことをいっさい口にしていない。

 車椅子で練習を指揮した2016年コパ・アメリカでも、「痛みはまったくない」と頑なに語っていたのだった。

「とても明晰で気持ちが強いから」とスコッティはいう。

「彼は病気であるという事実をただ単純に受け入れている。代表監督という仕事を続けられる幸運は何ものにも代えがたい。そのことを彼が一番よく知っているからね」

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オスカル・タバレス
アンドレス・スコッティ
ディエコ・ルガノ
ディエゴ・フォルラン
エディンソン・カバーニ
ルイス・スアレス
ホセ・ヒメネス
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ