Overseas ReportBACK NUMBER

東京五輪は中国のメダルラッシュに?
中国陸上界が若手選手を猛烈に育成中!

posted2018/06/30 08:00

 
東京五輪は中国のメダルラッシュに?中国陸上界が若手選手を猛烈に育成中!<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

中国陸上界の若き至宝……左が謝震業、右が蘇炳添。アジア陸上界で中国人選手たちが台風の目となっているのは間違いない。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Ayako Oikawa

 6月中旬、世界の陸上界に衝撃が走った。

 中国の短距離2選手が立て続けに100mで9秒台を叩きだしたからだ。

 6月19日にフランスのモントルイユで行われた大会で24歳の謝震業が9秒97の中国新記録を出すと、その3日後、6月22日にスペインのマドリードで行われた大会で、蘇炳添が謝震業の記録を大きく上回る9秒91でアジアタイ記録をうちたて、再び中国記録を取り戻した。

 アフリカ系選手と比べて短距離種目に適性がない、と言われてきたアジア選手の活躍に、世界中の陸上界から驚きと称賛の声が上がっている。

中国のエリート選手たちは海外コーチに師事。

 中国の陸上選手の活躍が最初に目立ったのは2015年北京世界陸上だった。自国開催のこの大会で中国は金1、銀7、銅1の合計9つのメダルを獲得している。

 男女競歩、男子の跳躍、女子の投擲などでメダルを量産し、中国チームとして世界陸上史上最多のメダル獲得だった。

 ロンドン五輪以降、中国陸連は海外コーチの招聘、また選手の海外合宿に力を入れている。2013年にはアメリカ人の跳躍コーチ、2014年にはフランスの棒高跳びコーチを招聘。

 蘇炳添はロンドン五輪後からアメリカ、フロリダ州にあるIMGアカデミーで練習を積み、北京で十分とも思える結果を出したのだが……中国陸連はその成功にあぐらをかくことはなかった。

「我々の目標は東京五輪でのメダルラッシュだ」

 当時の強化部長はそう話していたが、その言葉通り、中国陸連は巧みに戦略を立て実行し続けている。

 東京五輪でキャリアのピークを迎える若手選手たちを海外に送り出し、結果を出した選手に絞り込んで、さらに鍛え上げているのだ。

【次ページ】 短距離選手はアメリカのIMGアカデミーに。

1 2 3 4 NEXT
謝震業
蘇炳添
サニブラウン・アブデル・ハキーム
桐生祥秀
東京五輪
オリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ